不動産物件写真撮影バイト

不動産物件写真撮影

空き物件の外観、部屋の中の撮影を専門に行うアルバイトです。

空き物件の写真は写真の綺麗さだけで成約率が上がったりするので意外と大事なんですよ。

知り合いの不動産屋さんでは写真機能のアプリを取り入れて成約率が上がったとか笑

しかしそんなに重要な写真なのに、どうしてこれだけに特化したアルバイトがあるのでしょうか・・・

それは不動産側も手間になってしまうことが多いからです。

特に3、4月等の入れ替わりが激しい繁忙期には人手が足りなくなることも予想されます。

入れ替われば原状回復で部屋の内装を変ることもあります。

多くの物件を持っている不動産屋なら種類も多く、物件が転在しており1件1件周り写真を撮るのは大変です。

私たちがネットで選ぶ側だったとしても写真が載っていない物件情報はあまり見る気しなくなりますよね。

稀に間取り図しか載っていないところもありますがもったいないですよね。

さらに実際不動産屋へ行くと資料として物件の写真を見たりもしますのでかなり資料が必要です。

だからこそ需要のある「不動産物件写真撮影バイト」を詳しく見ていきますね!

■仕事内容

大体多いのは来社が不要で、直行直帰OKな場合です。

中には週二回、土日に勤務するところもありますが、短期で土日のみでも大丈夫な求人も結構あります。

一日自由に写真撮影できる場合と、時給で報酬が出る場合があります。

一日自由に写真撮影できる場合は数件分、物件の地図などを渡され、自由に何時まででもかけて撮影して大丈夫です。

そのような場合は日給制なところが多いです。

移動は自分で電車や自転車を使いながらいくつかの物件を回ります。

同じ物件で空室が何部屋かあった場合は移動が少なくなるので楽ですね!

昼間の明るいうちに撮影し終えてしまうのがポイントです。

太陽光が一番物件がきれいに映ります。

■報酬と応募方法

日給1万円のところもあれば歩合制で1件につき部屋の撮影1件で1000円。

さらには時給制でも1500円など、不動産屋の求人によりまちまちです。

しかし、単純作業でも高収入なのはいい条件ですよね! 応募方法は求人サイトを見るのが一番情報量があっておすすめです。

なかにはジモティーで募集していたり、登録スタッフとして募集していることもあります。

デジカメ〇画素以上とかの条件もあありますが基本的に割と今どきのデジカメを持っていれば大丈夫です!

■メリット

土日の時間を活用できます! 副収入になります!

■デメリット

あまりきれいに映らない物件(そもそも日当たりが悪いなど)が大変です。

デジカメとパソコンをもっている人ならすぐに応募して始められます!

使わずにいるデジカメがあるならもったいないです!

ぜひご興味ある方は初めて見てくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る